当院は、皆様のお体の悩みを解決するために様々な取り組みをいたします。

人の体には「自然治癒力」が備わっていて、常に治そうとする力が働いています。

私たちは、人間には「自然治癒力」が備わっていることを根本において、その力が発揮される環境を整えることに主眼を置いた施術をいたします。

例えば、あなたが風邪をひいて熱が出たときに、体を休めて寝ていれば1日か2日で熱は下がり、体は回復するでしょう。これが「自然治癒力」の働きです。
この自然治癒力は目に見えない所でいつも働いているのです。

なので、進行性の病気(ガンとか進行性筋萎縮症など)、先天性の病気(先天性代謝異常や先天性心疾患)ウィルス性の病気(一般的な風を除く)などを除けば、普段皆様が悩まされるお体の症状(頭痛や胃痛や便秘、肩こりや腰痛など)は、少し休養すれば回復するはずです。

しかしながら、「慢性病」といわれる病気が沢山あります。慢性頭痛、慢性胃炎、慢性肩こり、慢性腰痛など。自然治癒力があるのに何故慢性病になってしまうのでしょう?

それは、自然治癒力を上回る体に悪いことをしているからだとは考えられませんか?

先程の風邪の例で言えば、体を休めないで無理を続けていると熱が下がったり上がったりを繰り返し、その状態が何日も続き、咳も出始めて何日も続き,酷ければ気管支炎になったり、肺炎になることもあります。

それが、肩こりや腰痛などの整形外科疾患で言えば、「体に負担のかかる立ち方や歩き方をいている。」ことが生活習慣となっているのではないでしょうか?

そのように説明すると、そうかもしれないと言う方もいらっしゃいますが、自分は色々気を付けている、特に姿勢には注意しているという方も結構いらっしゃいます。

 

でも、よく考えてみて下さい。姿勢とか歩き方って、ちゃんと習ったことはありますか?

ネットやテレビの情報で「これがいい」と言われるとその情報にどんな根拠があるか、よくわからずにそれが正しいと思っていませんか?

ネットの情報は多すぎて言うこともまちまち。

テレビもスポンサーの影響が大きいことは少し注意すればわかります。

偶々あなたが目にした情報を信じて「正しいと思っていた姿勢や歩き方が間違っていたとしたら?」どうなりますか?

かえって体にかかる負担が大きくなり、体が回復しようとするのに足を引っ張り、慢性病へと進んでいくと思えませんか?

特に問題なのは、「歩き方」というのは、殆どの方が教えて貰ったことがないのです。

水泳ならスイミングスクールが、ゴルフならゴルフスクールがありますが、「歩き方スクール」は聞いたことはありません。

せいぜいモデルスクールでのモデルウオーキングくらいでしょうか?

だから、外反母趾や膝の痛みなど、足の問題で長い間辛い思いをされている方はとても多くいらっしゃるのです。

なので「歩き方は生活習慣」ということを理解しない限り、生活習慣である「歩き方」を改善しない限り、足にまつわる様々な問題の根本的な解決にはなりません。

日本には、足病学という学問はありません。アメリカには足に関する学問「足病学」があり、「正しい歩き方」の理論は確率されています。当協会はその理論と生体構造力学に基づいた、体への負担が少ない歩き方を研究し、身に付けやすい教え方を開発したプログラムを完成しました。

このプログラムは現状のお体の改善のための「ハリ施術と骨盤矯正」と、改善を維持し再発を防ぐ歩き方にフォーカスした「生活習慣指導」の二つの柱で構成されており、「真の根本改善を目指す施術院」として、慢性の様々な症状に悩んでいる方の回復のお手伝いをしています。