皆さんは、膝の痛みや股関節痛、腰痛、肩こりなどでお悩みの時に、そこの患部にだけ注目して、そこの辛いところを、どうやって治そうかとばかり考えて、痛み止めを飲んだりサポーターをしたりしていませんか?

その原因が、あなたの良くない歩き方や、足に負担がかかる無理な足の使い方にあるとしたら、驚きませんか?

皆さんは、自分の歩き方に問題があるなんて考えたこともないと思います。今まで自由気ままに歩いてきて、どこか問題があるの?

でも、少し考えてみて下さい。箸やペンには正しい持ち方がありますよね。

親や先生に直された経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

水泳も早く泳げるように正しいフォームがありますよね。同じように足にもその骨格上、自然で無理のない動かし方、理にかなった(歩き方)があるのです。

 

少し難しい言い方では、「生体構造力学」(バイオメカニクス)といいます。

 

私たちの体には「自然治癒力」が備わっていて、例えば少しの傷ならば放っておいても治るようになっています。そんな私たちの様々な症状が、慢性病へと発展していく病気の陰には、間違った動作を続けるという、「悪い生活習慣」の問題が隠れているのです。

特に足は全身を支えています。家でいえば土台のようなもの。その使い方の間違いは足だけにとどまらず、全身に悪い影響を与えるのです。

次にあげる症状は間違った歩き方によっておきる可能性のある症状です。

足のむくみ、足が疲れやすい、足の冷え、偏平足、巻き爪、浮指、O脚、足底筋膜炎、腰痛、股関節痛、膝の痛み、肩こり随分沢山の、一見足とは関係ないように見える症状も含まれていますね。

疾患だけでなく見かけに係る足が太いとか、お尻が垂れるとか、女性にとっては嬉しくないことにも影響があるのです。

でも、これらの症状をお持ちの方で、自分の歩き方がおかしいかもしれないと気付いたとしても、その歩き方の間違いとかを治してくれたり、正しい歩き方を指導してくれる施設はどこにあるのでしょうか?

せいぜいモデルスクールでモデルウオーキングを教える所があるくらいです。

こんなに大事な歩き方。真の原因に基づいた理論的に裏付けのある、真の健康を取り戻す歩行指導施設が必要です。 それは、当協会が提唱している「ゆるかかと歩き」(ネィティブウォーキング)を指導する施設です。

「ゆるかかと歩き」は、ネイティブウォーキング協会代表の中島が、足の問題の根本的解決を研究していく中で、アメリカの足病医学と出会い、その理論をもとにこの「ゆるかかと歩き」メソッドを開発しました。このメソッドは「屈曲歩行」「二軸歩行」を基本とした、人体の骨格構造上、理にかなった自然な歩き方です。

協会施設の現場で実際に足の症状で悩んでいる方にご協力いただき、試行錯誤して作り上げたもの。理にかなったものであり、多くの改善実績があります。

しかし、簡単に歩き方を変えると言っても、長年続けてきた歩き方を変えるのは簡単ではありません。その指導方法にも独自のメソッドがちゃんと確率されています。

勿論あなたの努力は必要ですが、80歳を超える方も、杖をついているような方でも習得はできます。

足に問題のある方であればあるほど(長い間違った歩き方をしてきているので)これまでの歩き方とは全く違う歩き方に驚かれることでしょう。

 

そして殆どの方が、初めて「ゆるかかと歩き」を体験したその時に、今までと全く違った「足の軽さ」にびっくりされ、また、なんと多くの負担を足にかけてきたのだろうという思いを抱くことでしょう。

是非一度、ご体験いただければと思います。人生の新しい扉が開きます。